ちょっとコーヒー淹れてくる

このサイトはWorld of Tanksのファンサイトではありません。

現時点で戦績を確認するおすすめのサイトやmodなど

はじめに

どうも、ダクソをギフトで貰ったらダクソより高い箱コン買う羽目になったgearppuccinoです。いままでみんなが愛用していたwotlabsageofstrifeが死んでおり、なんかみんな戦績確認できてないようなので、現時点で生きていて戦績を確認できるサービスのうち、おすすめなのを紹介したい。

サイト編

tanks.gg

https://tanks.gg/

多分ここが日毎、直近60日、1000戦等々の戦績を確認できるという意味で一番wotlabsに使用感が近いと思われる。 普段皆は装甲の配置などを確認しているサイトだが、右上に自分のignを打ち込めばなんと下の画像のように戦績も見れる。

f:id:gearppuccino:20180626133152p:plain

下の方に行けば車種ごとの勝率や戦闘数、更に下に行けば車両ごとの戦績も確認できるのでほんとうにlabs感覚で使えると思うが、残念ながらクランヒストリがバグってるのとシグネチャが作れない。

WotStats

www.wotstats.org

ここは手動で更新するのとRecent表示がスナップショット間の表示なので多少使用感に癖がある。

初めての場合はこのような画面が出てくるので「Add (あなたのIGN) to the database」を押す。

f:id:gearppuccino:20180626134259p:plain

そうするとまず今の戦績が表示される。

f:id:gearppuccino:20180626134323p:plain

次回、最新の戦績を見たいならば今上の画像で「Recently Updated」となっているところが「take snapshot」となっているのでそれを押してスナップショットを取る。そうすると戦績が最新のものに更新される。そしてこのRecent表示は「Recently Updated」の下にかかれている日付から最新までの戦績である(つまり画像の場合は18年4月20日からの戦績である)。そしてこの日付は任意の「take snapshot」を押した日を選択できる(ややややこしいががんばって理解して欲しい)。

wotlabsの代替にはならないが、こういう機能のほうが欲しい人は少なからずいると思われたので一応紹介しておく。

mod編

session statistics

forum.worldoftanks.eu

クライアント内で個別の戦闘の戦績確認できるmodのうち、最も使いやすいと思われる。 基本的にダウンロードしたのをWoTファイルに普通に放り込めば動く。どんな感じなのかはリンク先を参照されたし。

このmodを入れてもうまく動かない人のためにImportant noticeだけ訳しておく。

重要なお知らせ (after update 0.9.21.0.3.r02 on 24-1-2018):

キャッシュバージョンが7に変わりました。古いキャッシュはもう使えません。 "..\res_mods\configs\wotstat\"の中の古いキャッシュファイルを消さないとこのmodは動きません。

優等関連の確認がしやすくなるやつ

wotspeak.ru

ロシア語なので正式名称がわからず。みんな使ってるから紹介。戦闘中にリアルタイムで優等がどの程度変わるか見られたり何ダメージ程度で優等が取れるかどうか見えるようになるmod。上のリンクはロシア語だがgoogle翻訳すればダウンロードリンクがどこにあるか一応わかるので頑張って探してください😓

XVM

XVM: мод для World of Tanks (оленемер): Официальный сайт. Скачивание и документация.

みんな使ってるから説明は必要ないかな。リザルトや車両戦績画面の拡張といった意味でおすすめ。

アプリ編

Wot Numbers

wotnumbers.com

インストールする必要があるが、PCに保存されているデータを引っ張ってきていろいろなふうに戦績を見えるようにしてくれる。

f:id:gearppuccino:20180626141552p:plain

ちょっと癖があるが英語がちゃんと分かる人にとっては相当良いツールになると思う。機能多彩に付き説明省略。がんばって。

余談

全く関係ない話というわけでもないけど、一時期wotlabsが閉鎖するかも?という話があった(いや今死んでるけどその前に)。たしかその時はサーバー管理にお金もかかるしメンテも手間かかるしで管理者が投げ出したがってたのだが、そのときは別の人が名乗り出て管理を引き継ぐみたいな話になった(たぶん今引き継がれた状態なはず)。今死んでる理由は知らないが、結局お金の問題が大きい。数万人では収まらない利用者のデータを管理しつつ数百の同時アクセス耐えられるサービスを置いておくには相応のお金がかかる。残念ながら広告収入はそれを賄うには足りないので、羽振りの良い方はそういうひとに投げ銭すると皆がハッピーになれる、かも。

おわりに

それはそうといい加減クランマークダサいし変えて欲しい。ネタ的には面白かったけど。