ちょっとコーヒー淹れてくる

noobがWorld of Tanksやらについて纏めている

クランウォーズ第5シーズンルール発表

はじめに

16年1月18日に始まるクランウォーズ第5シーズンのルールがようやく発表されたので気になった点について幾つか取り上げておきます。

ルールのページはこちらです。

worldoftanks.asia

気になったポイント

戦闘地域の細分化

今まで通りTier6、Tier8、Tier10の戦場に分かれているようですが、新要素の地域という項目を見ると以下のように書かれています。

各戦線が、地域と呼ばれるより小さな区画に分割されます。師団の移動および本部への接続は、地域の境界を越えることができないため、より多くのクランが主導権と重要領地を懸けて戦うことができるようになります。第 5 シーズンにおいて、各戦線が 2 つの地域に分割され、各戦線の領域も変更されます。

(´↺↻̯`)ンンン~~~???

どういう風に分割されるのかよくわかりませんが、まあ恐らくCWE・CWCの様に早い時間と遅い時間で別れるのでしょう(適当)。これは一つの推測ですが、今までの通常CWでは早い時間の領土が少なく、この時間帯に参加しているクランがランキング上位を狙うとすると相当不利な面があったので、これに対する救済措置という感じでしょうか。

小さな期間「ステージ」による褒賞の細分化

今回、シーズン内に1,2週間という短いスパンの「ステージ」を用意し、その期間での順位によって、クラン褒賞がこまめに与えられるようになるようです。もちろんシーズン通しての順位による褒賞もあるようです。但し、順位による褒賞については

褒賞は、各ステージの終了後に各クランのアカウントに追加されますので、第 5 シーズンの終了を待たずともゴールドを手に入れることができます。

とあり、クラン金庫に入ってこなさそうな雰囲気が醸し出されています。具体的な分配の仕方がよくわからなかったけどそういうことなんだろう(適当)。

戦闘時間がシフトされた領土

前回のCWCの様に、領土の半分が最初から戦闘時間が15分シフトされており、上陸クラン・攻撃クランが領主の気まぐれに付き合わされずに済むようです。前回の通常CWの様に領主が好きに時間をシフトできると攻める側はとてもやりづらかったのでまあこれは改善になるでしょう。

ランタスクが上陸・反乱領土に偏っている

今回、クランタスクの殆どが上陸領土・反乱領土が対象となっており、通常領土でのクランタスクはほとんどありません。通常領土のゴールド収入額にもよりますが、上陸しては離脱してを繰り返したほうが美味しくなったりしそうだなとか、固定的な領土を持つ意味が自己顕著欲程度しか無くなりそうだなと感じました。また、ゴールドを獲得できるクランタスクの一部は前のタスクを達成しないとできないので、労力に見合うのかもかなり微妙なラインです。

砂漠迷彩

一番下にとても意味有りげな砂漠迷彩の画像が置かれていますが、この迷彩が褒賞かどうか、そもそも何位まで迷彩が貰えるのかが書かれていなくて困っています。

でもかっこいいので欲しい。

その他

  • 領土数は前回の通常CWと同じくらい
  • 前回に比べ反乱が起きやすくなっている
  • マッププールは全部入りな感じ
  • Tier10CWでTier9が使えるかどうかがルールに書いていない
  • タンクロックに関する記述がないのでタンクロックがないかもしれない
  • ルールを読む人がクランに何人いるのだろうか
  • ルールについて私は何回クラメンに質問されるんだろうか
  • バンドル欲しい

おわりに

当クランCROWNではタクが作れて指揮できて英語が話せてクラン運営もできるユニカムをたくさん募集しております。タクが作れて指揮できて英語が話せてクラン運営もできるユニカムの皆さんのクラン申請お待ちしております。

おまけ

しぇんろん許さん

clips.twitch.tv